転職後のイメージ戦略を練っておきましょう!そのための入社後の注意点とは

入社後に植え付けておきたいイメージとは?

 

 結局、人はイメージなのかもしれません。転職をして新しい会社で働く時、イメージが良い人は働き易いでしょうし、職場にも溶け込みやすいでしょう。しかし、イメージが悪い人はそうはならない。では、入社後に植え付けておきたいイメージとはどんなものなのか。

 

・良い人であるイメージ
・仕事ができる人であるイメージ

 

 おおよそこの2つのイメージに集約されます。新天地ですぐに職場に馴染んだり溶け込んだりしたいと考えているならば、上記の2つのイメージを植え付ける戦略を転職活動の最中に、少なくとも入社日までには練っておいた方がいいでしょう。

 

良い人に見せるためのポイント

 

 良い人であるイメージを周囲に与えるにはどうしたらいいか。まずは表情作りから。表情が良い人は、基本、良い人に見られます。ヘラヘラしているのはダメですが、眉間にしわを寄せることもなく、常に口角が上がっていれば、良い人のイメージを持ってもらいやすくなるでしょう。

 

 言われたことは素直に聞き入れ、決して反抗しない。当たり前のことかもしれませんが、ほんのわずかでもそうした姿勢が崩れれば、良い人であるイメージからは遠ざかることになります。

 

仕事ができる人に見せるためのポイント

 

 仕事ができる人であるイメージを作るのは少し大変かもしれません。しっかりと動き回りましょう。どんな小さな仕事でも積極的に手を伸ばし、できるだけ早く片付ける意識を忘れないこと。入社後しばらくはそれを続けることが大切。

 

 40歳を手前にしての転職であれば、20代の転職者のように、転職先で何も意見が言えないということはないと思います。生意気だと思われたらいけませんが、積極的に提案したり自分の意見を発信することも、仕事ができる人であるイメージを植え付けるためには必要になってくるでしょう。

 

 これらのイメージ戦略を入社後の注意点として徹底していけば、職場にとって必要な人材であると認識してもらえるスピードも上がるのではないでしょうか。

 

 

関連記事



トップページ 39歳の転職スケジュール おすすめ転職サイト