逆質問は必ず用意して面接に臨もう

逆質問で企業研究の深度がわかる

 企業が中途採用者の面接で、「何か質問はありますか」と聞くのは、応募者を考えてという側面だけではありません。

 

 ここでどんな逆質問をするかで、応募者がきちんと企業研究を行って面接に臨んでいるかどうかを、ジャッジすることができるのです。

 

 39歳ともなれば、即戦力として、個人でも組織でも役立つことを期待されるのですから、効果的な逆質問ができるように、事前に複数、考えておくのが基本です。

 

 当然、会社案内や企業のホームページを見ればわかるようなことを質問した時点で、内定は遠のきます。

 

 自分の職務内容についての説明は、面接中に十分に受けたと思いますので、組織上の役割や事業ビジョンを果たすために中途採用者に求めるノウハウなど、少し突っ込んだ質問をしてみるのもよいでしょう。

 

 

好印象を与えるテクニック

 もし、あなたが面接官に好印象を持ってほしいと考えているなら、面接時の質疑応答で出た話題について、さらに説明を求めるという方法があります。

 

 面接官の発言をよく聞き、内容を理解していなければ、会話で出てきたことを逆質問することはできません。コミュニケーションスキルが高いことの証明にもなるので、ぜひ実践してみてください。

 

 

関連記事

 

 



トップページ 39歳の転職スケジュール おすすめ転職サイト