39歳は志望動機をどう語るべきか

面接で志望動機を語るなら

 39歳ともなれば、面接で志望動機を問われたときに、「御社の安定性」「事業が着実に伸びているから」「勤務条件が良いから」など、新卒の学生のような回答はしなくて当然です。

 

 数ある企業の中で、応募企業を選んだ理由と、自分がこれまでに培ってきたスキルやノウハウがどう活かせると考えたのかは、きちんと名言できて当たり前です。

 

 企業研究の中で感じた、応募企業の理念や社風、事業計画などの魅力について語るもよし、自分のキャリアビジョンを達成するために、今回の募集が最適と考えた理由を語るもよし、自分の言葉で、入社したいという意欲を伝えることを意識してください。

 

 

志望動機を語るときの注意点

 基本的なことですが、面接官は手元に履歴書と職務経歴書を置いて、あなたの言葉を聞いています。ですから、応募書類に書かれた内容と、面接で話す志望動機に不整合があってはなりません。

 

 同時に複数の企業に応募することもあるかと思いますので、面接前にはきちんと応募書類を読み直しておくことをおすすめします。

 

 また、39歳ともなれば、自分が成長できる場としての転職だけでなく、自分が企業に貢献できると考えた根拠を、志望動機の中に盛り込むことも大切です。

 

 

関連記事

 

 



トップページ 39歳の転職スケジュール おすすめ転職サイト