履歴書・職務経歴書の書き方に悩んだ時の解決方法

履歴書の書き方に悩んだときの解決方法

 履歴書は定型文書ですから、書き方に悩むといっても、手書きにするか、パソコンで作成するのかくらいなものでしょう。

 

 かつては、履歴書は手書きが基本とされていましたが、最近はパソコンで作成するひとも増えているので、必要事項が記載されていれば、どちらでも良いでしょう。

 

 ただし、市販の履歴書を見るとわかりますが、転職用の履歴書のフォーマットにもいろいろな種類があります。

 

 項目やスペースが異なりますので、自分が書きやすいものを選ぶことをおすすめします。パソコンで作成する場合は、転職サイトなどのテンプレートを活用すると良いでしょう。

 

 

職務経歴書の書き方に悩んだときの解決方法

 職務経歴書は、キャリアを積んできた職種や転職回数などにより、活用しやすいフォーマットが異なります。

 

 まずは総合型の転職サイトのコンテンツを見て、「編年式」「逆編年式」「キャリア式」などのフォーマットの中で、自分が一番書きやすい書式はどれかを確認することをおすすめします。

 

 企業の採用担当者の大半は、職務経歴書はA4版1〜2枚が好ましいと回答しているアンケートもありましたので、ボリュームを抑えて書くためにはどの書式が最適かで、判断するのもよいでしょう。

 

 

関連記事

 

 



トップページ 39歳の転職スケジュール おすすめ転職サイト