39歳が自己PRで伝えるべきこととは

自己PRで伝えるべき基本内容

 自己PRは、自分を採用するメリットを、企業側に伝えるための項目です。

 

 基本的に伝えるべきなのは、これまで自分がどんな仕事をしてきたのか、いまの自分には何ができるのか、応募企業に入社したらどんな仕事をして、キャリアを積んでいきたいと考えているのかです。

 

 この3点は、必ず自己PRの中に盛り込むようにしましょう。

 

 

企業側のニーズを理解して自己PRする

 そして39歳は、転職にあたって、自分が企業側のニーズを満たせる人材であることも、自己PRする必要があります。そのニーズは、企業によってさまざまです。

 

 新規事業の立ち上げのために新たなスキルを求めているのか、プレイングマネジャーとして個人と組織で成果を上げることを求められているかでは、自己PRでアピールすべきことが変わります。

 

 しっかり企業研究をして、応募企業が求めている人物像にいかに自分がマッチしているのかを、具体例をあげながら、自己PRに盛り込むようにしましょう。

 

 職務経歴書の自己PRで企業の興味を引くことができれば、面接までのステップはそう遠くありません。文章は短く、読みやすくと、書き方にも工夫を凝らすことを、忘れないようにしましょう。

 

 

関連記事

 

 



トップページ 39歳の転職スケジュール おすすめ転職サイト