転職や転職活動に後悔しないためには、在職中に動き出しておくことこそ重要です

後悔がより少ないのは在職中?退職後?

 

 転職を後悔する、あるいは、転職活動に後悔をする。これから転職しようと思っている人は、こんなこと考えもしないのかもしれません。夢や希望で頭が支配されている人もいるでしょう。

 

 しかし、実際に転職や転職活動を行った人で、後悔がより多いのは退職後に活動を始めた人と言われています。在職中に動き出した人は、後悔が少ない傾向が顕著なのです。

 

 その理由は幾つか考えられますが、そもそもこの結果を見ただけでも、在職中に動き出しておくことこそがあなたのためであり、転職や活動そのものに後悔しないための選択であることはわかるのではないでしょうか。

 

 

なぜ退職後の転職活動は後悔してしまうのか

 

 ではなぜ、退職後に転職活動を行う人の多くが後悔してしまうのでしょう。理由は、以下のことが考えられます。

 

・思ったように転職が上手くいかず、結局お金だけが減っていった
・経済的理由で、転職活動の後半は妥協しまくりだった
・妥協して転職した結果、前の会社の方が良いと感じてしまった
・転職活動が長引いて、仕事の感覚が鈍ってしまった
・3ヶ月で転職はできたが、その3ヶ月間すら仕事をしていないのが無駄だと感じてしまった

 

 多くは経済的な理由で後悔しているようですが、他にも妥協してしまったり、働く上で重要な感覚や価値観がいまいち定まらなかったりなどの理由も考えられるようです。

 

 こうした後悔をわざわざ選択するのであれば、少し忙しくて大変でも、在職中に転職活動をした方が明るい未来が待っているのかもしれません。

 

転職は無謀な冒険とは違います

 

 転職には夢も希望も確かにあるでしょう。そこだけを見ればバラ色に感じるかもしれません。しかし、現実はそうではないことも、39歳なら知っておいてもらいたいところ。

 

 転職というのは、無謀な冒険とは違うのです。冒険者は失敗してもそれでいいのかもしれません。「良い経験ができた」と納得するのでしょう。しかし、転職は失敗すればどん底。後悔するしかないのです。

 

 退職してから転職活動を行う人は無謀な冒険者。在職中に転職する人は堅実で先を見据えつつあらゆる可能性を考えながら危機管理能力を発揮でき、さらに現状を見つめることができる優秀な社会人。

 

 あなたはどちらを選択し、どちらの称号を得ることが本当に価値のあることだと思いますか?

 

 

関連記事



トップページ 39歳の転職スケジュール おすすめ転職サイト