39歳の転職のタイミング

市場価値によって、転職のタイミングが異なる

 

 39歳での転職活動は、求職者に市場価値によって、進め方にも内容にも差が生まれます。また、定年引き上げや業界の将来性を考え、自分の将来につながる選択をする、大事な年齢でもあります。

 

 まずは、キャリアの棚卸しと自己分析、自身の市場価値のリサーチを行ったうえで、キャリアビジョンを再構築し、そのうえで、ベストなタイミングを見極めることをおすすめします。

 

 例えば、キャリアアップ転職を目指すにあたり、現状では応募企業の書類選考を通過するのは難しいのであれば、現職で大きな実績をあげたり、業務に関わる難関な資格やスキルを習得するなど、努力を可視化することを心がけるのも一つの方法です。

 

 ひとによっては、転職活動をスタートする時期を変えることも選択肢のうちなので、自分にプラスになる転職のタイミングを探ってみましょう。

 

求人が増える時期を狙うという方法も

 

 長年、転職市場での求人動向を見ていると、景気に関わりなく、求人が増える時期があることがわかります。それは、3〜4月、9〜10月、年末です。

 

 3〜4月は大抵の会社の決算期に、9〜10月は半期決算期にあたり、退職者が増える時期でもあります。年末は、冬の賞与の支給と年末調整が終了する時期で、書類上、転職がしやすい時期なため、退職者が増加する傾向が強いのです。

 

 そのため、この3回の時期は、欠員補充の求人が多くなります。大手企業などでの募集も多いので、職種によっては、このタイミングに合わせて、転職活動を行う方がプラス面が多いことがあります。

 

 総合型の転職サイトなどで、業界動向のリサーチ結果を定期的に発表しているので、それらと合わせて、総合的に判断しましょう。

 

 

関連記事



トップページ 39歳の転職スケジュール おすすめ転職サイト