転職のタイミングは在職中?退職後?

転職活動は在職中と退職後、どちらが有利か

 転職活動を始めるにあたり、在職中と退職後、どちらが有利かを悩む方もいることでしょう。

 

 在職中と退職後、どちらの転職活動にも、一長一短があり、自分の性格に向いている方を選ぶことしかできません。

 

 在職中に転職活動するメリットには、履歴書や職務経歴書にブランク期間ができない、経済的に余裕を持って転職活動ができることがあげられます。

 

 一方の退職後に転職活動をするメリットには、企業研究や応募書類の作成に十分に時間をかけられる、即入社が条件の求人に応募しやすいことがあげられます。

 

 自分の希望職種を考えた場合う、どちらが有利なのか、自分なりに考えてみてください。

 

 

転職と同時に退職のことも考えておく

 もう一つ、39歳であれば考えておいてほしいことがあります。それは、転職に伴う退職スケジュールをどう立てるかということです。

 

 というのも、39歳の中堅社員の退職は、勤務先に少なくない影響を与えます。場合によっては、欠員補充の採用をしたうえで、引き継ぎが必要になるかもしれず、自己都合で退職日を決定できないことが多いのです。

 

 自分が転職したいタイミングに合わせて、退職のスケジューリングをしておくことも、39歳には不可欠です。そこも含めて、在職中・退職後のどちらで転職活動を始めるのか、検討しましょう。

 

 

関連記事

 

 



トップページ 39歳の転職スケジュール おすすめ転職サイト