ブラック企業にご用心!30代後半からの仕事探し

ブラック企業にご用心!30代後半からの仕事探し

 

 仕事探しを続けている30代後半にとっては、「次の仕事こそ長く続けられる最後の仕事にしよう!」と考える方がほとんどではないでしょうか。転職活動を始めるのも続けるのも結構なエネルギーが必要となりますし、もうこれ以上転職はしたくないですよね。

 

 そのためには働きやすい環境を手に入れることが大切です。待遇面でも仕事環境でも、ある程度納得できれば長く続けることができますし、自分の能力を出しやすくなります。

 

ブラック企業の手口とは

 

 しかしながら、巷で囁かれている「ブラック企業」の横行が気になります。法定に定められた時間外労働以上の労働時間を押し付けながら、給料は雀の涙でまともな生活が成り立たなくなる過酷な労働を強いる企業。アルバイトで入ったにも関わらず正社員並み、もしくはそれ以上の責任を押し付けてくる企業。到底達成できそうにないような目標を社員に強いる企業。パワハラが日常茶飯事の企業。

 

 そんなブラック企業に入ってしまったら、長く勤めることなんて無理です。でも、30代後半でまた一から求職活動を再開するのも大変です。ともかく、ブラック企業に転職することだけは避けたいところです。

 

 去る12月10日・11日、日本労働組合総連合会が主催する「就活応援ホットライン 全国一斉労働相談ダイヤル」が全国で開催されました。対象は求人広告や求人票と実際の仕事環境が異なる労働実態に悩んでいる30代を含めた労働者です。

 

相談者の話では、

  • 求人票の就業時間と実際の始業時間が全く違っていた
  • 求人広告と実際の環境が労働時間・基本給・固定残業代など全て違っていた
  • 最初の話と違い雇用保険・社会保険に加入できず年休もなし。その上寮費や食費の天引きが1日3,500円
  • 日給制の常勤のはずが、突如、明日からしばらく待機と言われた

など、入社前と後で企業の話が違ったという悩みが多く寄せられました。

 

 この手の企業に改善を求めても、それで仕事環境が改善されるとは思えません。一番良いのは、関わらないことです。入社後にブラック企業だと気づく人も多いようですが、社員の雰囲気などを参考に、少しでも怪しく思ったら手を出さないのが一番ではないでしょうか。



トップページ 39歳の転職スケジュール おすすめ転職サイト